• メイン画像2
  • メイン画像

ホーム ≫ 眠育とは

眠育とは

眠育とは「睡眠教育」のことです。 食育や体育など、私たちは色々な教育を受けていますが、眠育は学校のカリキュラムにはありますか?
会社の研修などで睡眠について教えてくれますか? 
母親学級や周囲の健康セミナーなどで、睡眠についての講座はありますか?

  • ■最近、睡眠が悪くなった気がする・・・。
  • ■昼間、眠くてこまっちゃう……
  • ■うちの子が起きてくれなくて毎朝大変!
  • ■忙しくて、睡眠を削らざるをえないが、それでいいのだろうか?

睡眠の困りごと、いろいろあっても、つい「ま、いっか」と放っていませんか?
そうしているうちに、体にはいろいろな不具合がおこってきているのです。

もしやと思う人にはもちろん眠育が必要ですが、一番問題なのは、むしろ「自分の睡眠は大丈夫」と思っている人かもしれません。 

お子さんからお年寄りまで、男性も女性も、睡眠について学ぶことは健全な心身を作るために欠かせないことを忘れないでほしいと思います。

何故、睡眠について知らなくてはならないのでしょうか?

眠育

人生の3分の1もの時間は睡眠なんです! 
睡眠を知らずにいることは人生の3分の1を欠いたまま生きていることです!

人生の3分の1に当たる睡眠、それは単なる休息ではありません。皆さんが眠っている間、体の中では何が起こっていて、それが心身にどう影響しているか、みなさんはご存知ですか?

睡眠は私たちの体を支え、守る役割を毎晩確実に果たしてくれます。また、睡眠中の潜在意識は、心のケアも行なっているのです。しかし、私たちはそんな睡眠の作用を実感することはできません。だれも眠っている自分を記憶できないからです。

しかし、だからこそ、この3分の1の空白「睡眠」に知識の光りを当てなくてはなりません。24時間動き続ける現代社会に生きる私たちには、今こそ、睡眠のコンシャスライジングと睡眠事情の改善が必要とされているのです!

眠りについての教育が必要!

眠育
明治以来、教育は「五育」の思想に基づき行われてきました。五育とは体育・知育・才育・徳育そして食育をさしますが、これらはすべて、日中の活動時間になされるものです。睡眠領域については、第六番目の教育として「眠育」が存在すべきあり、老若男女を問わず、すべての世代に伝えられなければいけません。しかし、現在の日本の社会では眠育は全く不十分な状況で、医療関係者にさえ知識がなかったり、睡眠の重要性の認識が薄かったりすることは大問題です。
こうした状況が招く社会的な損失は膨大です。今こそ、日本人の睡眠についての考えを改め、新しい知識に基づいた生き方・働き方を学ばなければなりません。

代表 橋爪あきの睡眠障害克服記

私、橋爪あきが睡眠教育を始めようと思った理由は?
そもそも自分が睡眠障害者だった!

著書にもある通り、私は10代から睡眠障害者でした。不幸にも私が障害に気づいたのは、発症してから何と40年も後のことでした。
40年?!その理由は…
私が10代のころは、日本全体(医療関係者も含め)が睡眠についての知識を持っていなかったからです。
*以下、長くなりますが、ぜひ読んでください。

今思えば、私の障害は睡眠相後退症候群(夜型が社会生活に支障をきたす)でした。中学生の頃から、夜更かしが進行し、学校生活に支障をきたしました。PCもスマホもなく、親や教師の力が絶大だった当時、不登校児は多くはいませんでした。私も何とか登校していましたが、午後は極度の眠気から「帰宅組」に。青春時代のクラブ活動こそ社会での人間関係を築く第一段階。そして人生で一番懐かしく思い出される珠のような日々なのに、私の青春時代は、ほぼブランクなのです。

睡眠相後退症候群では、夜も深まってからヤル気がモリモリでてきます。当時は漫画家になるのが夢で、夜毎ペンを走らせ、就寝は午前3時ごろ。7時には起きて、満員電車で登校。朝から眠気と疲れで、だるくて頭はボンヤリ、体はだるい。かばんが重いのが文字通り重荷。それでお弁当は持たずに行きます。昼食は購買の菓子パン。ノートも重いので持たず、教科書の余白に板書を書き込んでいたら、職員室に呼び出しをくらったことも。もちろん運動なんてとんでもない。体育の時間はいいかげんに済まして、注意を受けること再三でした。

最も深刻だったのは、学生達と楽しく過ごすことができなかったこと。そうしたいのは山々ですが、睡眠不足が気持ちのイライラやネガテイヴ思考を招いてしまう。何とか、仮面をかぶっていますが、その分ストレスは過大になります。そんな生活から、慢性胃炎と過敏性大腸・低体温状態が日常化していました。


医療が遅れていたあの頃
今や、ストレスがあらゆる病気の元凶になりうることは常識になりましたが、睡眠不調もそうであることが医療の面で言われ始めたのは21世紀に入ってからです。結婚して、家事・育児・仕事と多忙を極めた私にとって、最もつらかったのは40代でした。様々な体調不良が自分の睡眠と関係していることは知る由もなく、医師を訪れても、正しい判断を下せる人はいませんでした。(現在でも、睡眠不足からくるうつ状態をうつ病と確定されてしまうケースもあります)私は、つとめて周囲には明るく振舞いつつも、自分を基本的にネクラで、やる気のない、持病を抱えた人間だと思い込んでいました。


こんな人生は、もう御免!
50代に入ってから、さすがに人生について考えることが多くなりました。
​周囲の人はみな、生き生きと働いているのに、私だけは眠気と体調不良を友達にして生きている。そのパフォーマンスの低さと言ったら・・・。「こんな人生を続けていくなんて、もう御免!」そう思った時、ふと書店で睡眠の本に出会いました。それが私が眠育をめざすきっかけとなったのです。

​本を読み進めるうち、「睡眠の知識を持つことがこんなに大切なのに、日本人は睡眠について何も知らない。睡眠事情が世界最悪であるのに、何の改善もなされていない!」そう感じて、自分の睡眠改善もさながら、睡眠教育を行わなくてはという思いが募ったのです。そして、睡眠改善インストラクターの資格を取得。長らく試験などと無縁になっていたし、睡眠学会理事の先生方の理系に傾いた講義を聴くのは、しんどいところもありました。しかし、ただただ思いに駆られて、眠育の道を歩み始めました。


晴れてインストライクターとして
初めは友人の助けを得て、小さいセミナーから始め、現在は協会を設立して、普及活動に邁進するようになりました。広報活動の一端には、睡眠文化からの取り組みとして、様々な分野の人とコラボイベントも行なっています。こうした取り組みは、楽しみながら睡眠を学ぶ良い機会を提供できると思っています。

​現在は、公共機関や学校からの講演のオファー、また健康関連の団体からのセミナー要請に忙しく駆け回っています。


お問い合わせ

人生の3割を占める睡眠が、
残り7割の運命を決める
(牧野出版)
協会代表の睡眠に対する思いが凝縮した書籍が発売中です。書店・アマゾンでお買い求めください。

【価格】1,300円(税抜)

Amazon

モバイルサイト

一般社団法人 日本眠育普及協会モバイルサイトQRコード

一般社団法人 日本眠育普及協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • twitter
  • バナー用画像2
一般社団法人 日本眠育普及協会
一般社団法人 日本眠育普及協会

〒162-0855
東京都新宿区二十騎町1-39 VAGUE103

TEL:03-6280-7719

詳しくはこちら